未分類

STEM教育って何?海外の教育はすっごい進んでいた。

2020年に小学校でプログラミング教育を必須化が開始。

プログラミングってなんだ?

たしかに「これからの時代、プログラミングは必須だ」といった意見があります。

だからといって、小学校から学び始めるとはwIT業界の人材不足もそこまで深刻なの?

「科学・技術・工学・数学」を重点的に学ぶ『STEM教育』

色々調べているうちに、STEM教育というワードを見つけました。

「STEM?スチーム?水蒸気のことか?」なんて最初はすっとぼけていたがSTEMとは

・science(科学)
・technology(技術)
・engineering(工学)
・mathematics(数学)

 

の頭文字をとったもの。

日本では文部科学省が、2020年度から小学校でのプログラミング教育を必修化しました。

その背景にはIoTやAIが進化し、第4次産業革命(インダストリー4.0)がもう目の前まで来ている中で、2020年にはIT人材が37万人不足すると予測されていることがあるそうですね。

このへんの「デジタル革命」「経済のパラダイムシフト」みたいな話は、少し前に話題になった「ジェレミー・リフキンの限界費用ゼロ社会」って本にも超詳しくかいてありました。

アメリカではすでに盛んな『STEM教育』。日本は遅れている?

さて、STEM教育って単語は、アメリカでは1990年代からすでに使われていた言葉らしく、バラク・オバマ大統領が国の重要な教育施策としてSTEM教育について言及したあたりから一気に普及したらしい。

スピーチが上手いと言われるオバマ大統領が、STEM教育と今後の未来についてなんて言ったかというと、「“オタク”になることが、国に貢献するベストな方法だ」です

 

決してネタとして言ったのではなくて、“本気”で言ったことが、オバマ大統領の打ち出した以下の施策を見ればわかります

・「STEM分野」の教師を10万人養成する(2020年までに)こと。
・高校卒業までに「STEM分野」の経験を持つ学生を50%増加させること。
・大学で100万人の「STEM経験者」を卒業させること。
・大学卒業後も「STEM」の専門知識や応用研究を学べる訓練制度を作る。

等々を目標に、年間30億ドル(約3500億円)を投じている。

すごい大規模な動きですが、遅ればせながらこの動きが2020年から日本にもやってくるというわけですね。しかも、この流れが来ているのは日本だけじゃないみたいです。むしろめちゃ遅れているみたいですw

各国の『STEM教育』に関する取り組み。

上記のような「最先端をひた走る」ような話って、言ってもまぁアメリカだけの話でしょ?と思っていましたが、調べるとどうやら各国でもSTEM教育は力をいれて取り組んでいるようです。

イギリスにおけるSTEM教育

  • イギリスでは、2014年に、世界に先立ってプログラミング学習の必須化を実現。
  • 5歳〜7歳の学年ではモノの構造と3Dプリンターなどの機器の使い方が教えられる。
  • 7歳〜11歳の生徒はスイッチや電球、ブザーやモーターなど実際に電気を使って動くモノづくりを体験してもらい、同時にコンピューターから制御する方法も学ぶ本格授業。
  • 11歳〜14歳の中学生はスケッチ方法、モノづくりの詳細な計画立案、3Dモデリング作業、アイデアからデザイン化する方法、といった製品開発に関する一連の流れを学び、同時にプレゼンテーション方法も学ぶ。

シンガポールにおけるSTEM教育

  • シンガポールは国家として教育政策に力を入れている国だが、ここでも、グローバルで活躍できる人材を育てるため、数学や科学の能力を高めようという取り組みがなされている。
  • シンガポールでは親たちもSTEM教育に対して関心が高い。子どもたちを全面的にサポートする姿勢がある。子どもたちに理数教育専門の家庭教師をつけることも珍しいことではない。
  • シンガポールでは、数学が小学1年(算数じゃない!)、サイエンス(理科)が小学3年からはじまります。小学校高学年からは、音楽や体育のように数学も理科も専門教員から学ぶ。

インドにおけるSTEM教育

  • ラーニングシステム菊池社長が今力を入れているのがインドでのSTEM教育の普及。2011年に進出したインドで、就学機会に格差がある国情を考慮し、教育環境に恵まれない児童でもSTEM教育に接する機会が得られるインスクールの展開を推進している。
  • 進出以来、採用校数は毎年倍のペースで増えている。インドのシリコンバレーと呼ばれ、世界的なIT企業の拠点も多いカルナータカ州バンガロールにある名門私立学校「ビショップ・コットン・ボーイズ・スクール」が13年8月に採用を始めたことで、その名はインド中に知れ渡った。

オーストラリアでのSTEM教育

  • オーストラリアでは、2009年に高校生を対象とした、学習プログラム、iSTEMプログラムを設立。
  • ソニー教育財団では、オーストラリアの理科教員団体(ASTA: Australia Science Teachers Association)と共同で、理科教員が双方を訪問して授業を行う相互交流を行っている。
  • またASTAは、オーストラリアの教師や将来のイノベーター、エンジニア、科学者、専門家のために可能な限り最良の教育やトレーニング、道具を与えている。

このように、各国で「STEM」を重要視する動きは加速しているらしいですね。

長くなったので簡単にまとめると、「国や企業や学校が一丸となって、【科学・工学・技術・数学】を学び始めている」ってことですね!

まとめ

調べれば調べるほど、STEMは今後の社会で必要な能力だということがわかりました!

私が小学生中学生のころに、「WordやExcelを使えなきゃ、仕事できないよ、苦労するよ。」なんて言われ、ワープロ検定みたいなあまり面白くもないスキルを授業で学んだ時と同じような流れかもしれません

それが今の子供たちにとっては「プログラミングくらいできなきゃ、仕事がないよ!」というわけですね。

たしかに私たちの身の回りの製品はほぼすべてプログラムで動いています。炊飯器だって掃除機だって、ストーブだって電子基板に書かれたコード通りに動いている。

自動車の制御システムもそうですよね。最近は車を定期点検に出すと、必ず「自動車内部のCPUのシステムに異常はありませんでした。」なんて説明されます。

とにかく、「科学・工学・技術・数学」を学ぶことは、学校の義務教育にも取り入れられる以上、今の子供たちは避けては通れない課題だし、未来を生きる上で必要な能力になりそうです。